コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算用状(散用状) さんようじょう

1件 の用語解説(算用状(散用状)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんようじょう【算用状(散用状)】

古代・中世,収支決算を公表するために作成された書類。多くの場合,荘園の年貢・公事等の収支決算や,寺院等の法会・諸行事の実施に関する経費の収支決算のため,実務担当者が毎年の年のはじめに前年の状況を報告する目的で作成した。荘園の年貢に関しては,現地から領主への報告のために,領主の代官と現地の荘官が作成し,領主へ注進するかたちをとっている。その記載事項は,基本的収納額と,それから控除することを認められた分,および現地での支出を計算したうえ,現納分と未進分を書きあげている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の算用状(散用状)の言及

【荘園】より


【日本】
日本の荘園についての従来の研究は大きく二つの潮流に分かれる。 第1は荘園を私的大土地所有の形態とみて,その内部構造を究明しようとする流れで,近代史学史の主流をなし,中田薫朝河貫一,牧健二らにより,西欧との比較を通して確立した見方である。ただ中田薫が荘園領主権を公法上の支配権とし,朝河貫一が荘園とマナーの相違を強調,牧健二が(しき)の官職的・公法的側面に着目するなど,西欧の封建制との違いにそれぞれ注目していることは見のがせない。…

※「算用状(散用状)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

算用状(散用状)の関連キーワード正税算用状四半期決算収支月別公表権中間決算単体決算協業経営協業法人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone