コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算用状/散用状 サンヨウジョウ

3件 の用語解説(算用状/散用状の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんよう‐じょう〔‐ジヤウ〕【算用状/散用状】

中世、荘園年貢の収支決算書。結解状(けちげじょう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

算用状
さんようじょう

「散用状」とも書き、「結解(けちげ)状」ともいう。中世で、数量や計算の結果を記した文書をいうが、多くは荘園(しょうえん)年貢の収支決算書の意に用いられた。これは、在地の荘官が、その年の年貢や公事(くじ)の収納状況を荘園領主に報告するために作成した文書で、現地での支出の内訳、荘園領主への運上額を明記して送進された。なかには、河成(かわなり)などの荒田分や未進額・減免額などが詳細に記された長大で複雑な内容をもつものもある。[久留島典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone