コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算用状/散用状 サンヨウジョウ

デジタル大辞泉の解説

さんよう‐じょう〔‐ジヤウ〕【算用状/散用状】

中世、荘園年貢の収支決算書。結解状(けちげじょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんようじょう【算用状】

中世、個々の荘園に関する年間の収支決算報告書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

算用状
さんようじょう

「散用状」とも書き、「結解(けちげ)状」ともいう。中世で、数量や計算の結果を記した文書をいうが、多くは荘園(しょうえん)年貢の収支決算書の意に用いられた。これは、在地の荘官が、その年の年貢や公事(くじ)の収納状況を荘園領主に報告するために作成した文書で、現地での支出の内訳、荘園領主への運上額を明記して送進された。なかには、河成(かわなり)などの荒田分や未進額・減免額などが詳細に記された長大で複雑な内容をもつものもある。[久留島典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

算用状/散用状の関連キーワード算(散)用状片桐且元荘園領主公文裏判中世年間

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android