コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船木田荘 ふなきだのしょう

百科事典マイペディアの解説

船木田荘【ふなきだのしょう】

現在の東京都八王子市東部から日野市にかけての一帯を荘域とした荘園。武蔵国多西(たさい)郡(多摩郡西部)のうち。現八王子市中山の白山神社境内経塚から出土した仁平4年(1154年)銘の経典10巻の奥書に〈武蔵国西郡船木田御庄〉とみえ,〈小野氏人等〉などの記載がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふなきだのしょう【船木田荘】

武蔵国多西郡の浅川流域(現,八王子市および日野市の一部)にあった荘園。九条家領のちに東福寺領となる。本荘と新荘にわかれ,現在の八王子市川口・横川・長房・中野(または東中野)・梅坪・宇津木・大谷・小比企・打越・柚木・大塚,日野市豊田・平山などの地にまたがる広大な荘域をもつ。1250年(建長2)九条道家は本荘をその子忠家に,新荘を同実経に譲った。ともに地頭請所で,御家人天野氏らが地頭に任ぜられている。14世紀中ごろまでに,両荘ともに東福寺に寄進され,東福寺では給主を任じ荘務を執行させ,絹・小袖などを年貢代物として寺に送らせた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

船木田荘の関連キーワード算(散)用状八王子[市]荘園(日本)日野[市]皇嘉門院河岸段丘武州一揆平山季重守護請上杉氏横山党多摩川一揆

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android