コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易生命表 カンイセイメイヒョウ

デジタル大辞泉の解説

かんい‐せいめいひょう〔‐セイメイヘウ〕【簡易生命表】

ある年の死亡状況が今後変わらないと仮定して、年齢ごとの死亡率平均余命を計算、指標化した表。ゼロ歳児の平均余命が平均寿命となる。総合的な保健福祉水準を示す指標の一つで、厚生労働省が毎年発表する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

保険基礎用語集の解説

簡易生命表

毎年の人口動態統計の死亡数と,10月1日現在の推計人口を用い,簡略化された計算によって算定された死亡率を表示したものです。国勢調査が、一定年次(5年ごと)にしか行われないこと、しかもその整理に日時を要するため、新しい完全生命表の作成が調査対象年より数年も遅れることによる、統計の時間的ズレを補う役割を、この簡易生命表が果たしています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

世界大百科事典内の簡易生命表の言及

【生命表】より

…この意味では後者は前者の代用物なのであるが,前者の世代生命表が完成するには100年が必要なので現実的に有効に活用できないので,両者の組合せ利用などが今後の課題といえよう。このほか,生命表には年齢各歳別の数値で示した完全生命表,年齢5歳階級別の簡易生命表がある。日本で最初の公式な完全生命表は,1902年矢野恒太(1865‐1951。…

※「簡易生命表」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

簡易生命表の関連キーワード標準生命表国民生命表

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

簡易生命表の関連情報