コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易生命表 カンイセイメイヒョウ

2件 の用語解説(簡易生命表の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんい‐せいめいひょう〔‐セイメイヘウ〕【簡易生命表】

ある年の死亡状況が今後変わらないと仮定して、年齢ごとの死亡率平均余命を計算、指標化した表。ゼロ歳児平均余命平均寿命となる。総合的な保健福祉水準を示す指標の一つで、厚生労働省が毎年発表する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

簡易生命表

毎年の人口動態統計の死亡数と,10月1日現在の推計人口を用い,簡略化された計算によって算定された死亡率を表示したものです。国勢調査が、一定年次(5年ごと)にしか行われないこと、しかもその整理に日時を要するため、新しい完全生命表の作成が調査対象年より数年も遅れることによる、統計の時間的ズレを補う役割を、この簡易生命表が果たしています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の簡易生命表の言及

【生命表】より

…この意味では後者は前者の代用物なのであるが,前者の世代生命表が完成するには100年が必要なので現実的に有効に活用できないので,両者の組合せ利用などが今後の課題といえよう。このほか,生命表には年齢各歳別の数値で示した完全生命表,年齢5歳階級別の簡易生命表がある。日本で最初の公式な完全生命表は,1902年矢野恒太(1865‐1951。…

※「簡易生命表」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

簡易生命表の関連キーワード人口動態人口動態統計静態統計動態統計人口減少元年人口統計人口静態統計粗死亡率標準化死亡比山梨県の自殺死亡率

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

簡易生命表の関連情報