紀淑望(読み)キノヨシモチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀淑望 きの-よしもち

?-919 平安時代前期-中期の漢学者,歌人。
紀長谷雄(はせお)の長男。紀貫之の養子ともいわれる。寛平(かんぴょう)8年(896)文章生(もんじょうしょう)となる。大学頭(だいがくのかみ),東宮学士をへて信濃権介(しなののごんのすけ)。「古今和歌集」以下の勅撰集に和歌3首,「和漢朗詠集」巻頭に漢詩をのこす。「古今和歌集」真名序の作者とする説もある。延喜(えんぎ)19年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きのよしもち【紀淑望】

?‐919(延喜19)
平安時代の漢学者,歌人。長谷雄の長男。淑人の兄。896年(寛平8)文章生。文章得業生,大学頭,東宮学士等を経て,912年従五位上。翌年信濃権介を兼ねた。《古今集》真名序の作者とされるが疑わしい。和歌は《日本竟宴和歌》や《古今集》《後撰集》などに12首ずつ入集している。〈紅葉せぬときはの山は吹く風の音にや秋を聞きわたるらむ〉(《古今集》巻五)。【川口 久雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きのよしもち【紀淑望】

?~919) 平安前期の文人。長谷雄はせおの子。大学頭・東宮学士・信濃権守などを歴任。古今和歌集「真名序」の作者と伝えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐の‐よしもち【紀淑望】

平安前期の漢学者、歌人。長谷雄の子。文章生、大学頭を経て東宮学士となり、従五位上に至る。「古今和歌集」の真名序の作者とされる。延喜一九年(九一九)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android