コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅白梅図屏風 こうはくばいずびょうぶ

2件 の用語解説(紅白梅図屏風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅白梅図屏風
こうはくばいずびょうぶ

尾形光琳の晩年期の傑作。2曲1双の屏風の金箔地中央に,工芸模様的ないぶし銀の水流,その左右に写実味豊かな白梅,紅梅を対立させ,緊張感に満ちた画面を構成している。国宝。 MOA美術館蔵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

紅白梅図屏風

江戸時代中期の絵師、尾形光琳の絵画(18世紀)。水紋が浮かぶ川を挟んで、左右に紅梅、白梅を配した屏風絵。二曲一双。紙本金地着色または金泥着色。国宝。MOA美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅白梅図屏風の関連キーワード荒井千春燕子花図屏風尾形光琳模様光琳菊光琳波宮崎友禅斎風神雷神図以十俵屋宗理(初代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅白梅図屏風の関連情報