コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫雲山 しうんざん

3件 の用語解説(紫雲山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫雲山
しうんざん

香川県中部,高松市の中心市街地の南西部にある山。標高 240mの浄願寺山,166mの稲荷山などから成る開析された溶岩台地。大部分は讃岐岩質安山岩で,山麓に凝灰角礫岩花崗岩,閃緑岩が露出。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しうん‐ざん【紫雲山】

香川県中央部、高松市市街地の西にある山。標高200メートル。東麓に国指定特別名勝栗林(りつりん)公園があり、その借景となっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紫雲山
しうんざん

香川県中北部、高松市の市街地の西にある山。標高200メートル。特別名勝栗林(りつりん)公園の背後にあり、借景として山の緑がたいせつにされている。松の木が多く、山容はなだらかである。地質的には花崗(かこう)岩の上に安山岩がのったもの。稲荷(いなり)山、浄願寺(じょうがんじ)山(240メートル)、石清尾(いわせお)山などの山々を含めて紫雲山という場合もある。石清尾山には石清尾山古墳群とよばれる古墳が散在する。[稲田道彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫雲山の関連キーワード佐賀市の中心市街地香川県高松市朝日町香川県高松市庵治町香川県高松市紺屋町香川県高松市高松町香川県高松市田町香川県高松市玉藻町香川県高松市本町香川県高松市室町香川県高松市女木町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紫雲山の関連情報