紫雲山(読み)しうんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香川県中部,高松市の中心市街地の南西部にある山。標高 240mの浄願寺山,166mの稲荷山などから成る開析された溶岩台地大部分は讃岐岩質安山岩で,山麓凝灰角礫岩花崗岩,閃緑岩が露出。山頂部に北大塚,石船塚,猫塚,姫塚など積み石塚があり,安山岩角礫と砂岩円礫を含む。アカマツ林,アカマツ混合林,暖帯性林は鳥類の宝庫。谷にはカスミサンショウウオが生息。山は老松が多く紫雲がたなびくように見えるといわれ,稲荷山東麓栗林公園がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香川県中北部、高松市の市街地の西にある山。標高200メートル。特別名勝栗林(りつりん)公園の背後にあり、借景として山の緑がたいせつにされている。松の木が多く、山容はなだらかである。地質的には花崗(かこう)岩の上に安山岩がのったもの。稲荷(いなり)山、浄願寺(じょうがんじ)山(240メートル)、石清尾(いわせお)山などの山々を含めて紫雲山という場合もある。石清尾山には石清尾山古墳群とよばれる古墳が散在する。

[稲田道彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

京都市左京区黒谷町にある黒谷浄土宗の本山、金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の山号。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫雲山の関連情報