コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組合保険 くみあいほけん partnership insurance

2件 の用語解説(組合保険の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組合保険
くみあいほけん
partnership insurance

(1) 組合員全員が被保険者で,その組合員の一人が死亡した場合,保険事故として受ける保険金を組合事業への出資に充当するものをいう。 (2) 各種の協同組合共済組合などが行う保険で,組合員相互で危険,損失を保険するもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

組合保険
くみあいほけん

相互組合、共済組合、協同組合など各種の組合によって行われる保険。資本主義経済の登場によって近代的な保険事業が成立すると、それに対応して、経済的弱者の自主的、防衛的組織としての協同組合が事業の一つとして保険事業を展開するようになり、これが今日では組合保険の主流となっている。わが国においては保険業法によって協同組合が保険事業の経営主体となることは認められていない。しかし、農業協同組合法消費生活協同組合法中小企業等協同組合法などに、組合員の共済に関する事業を行うことができるという条文があり、これによって共済事業として保険を行っている。とくに農業協同組合が営む共済事業の最近の発展は目覚ましい。なお、わが国では政策保険のなかに組合形態で運営されているものが少なくない。たとえば、経済政策的保険としての農業保険漁船保険はおもに地域的な組合によって行われており、また社会保険としての健康保険には企業別または業種別に保険組合が設けられている。[金子卓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

組合保険の関連キーワード健康保険組合組合員第一号被保険者第三号被保険者第二号被保険者健康保険証記名被保険者官公庁等共済組合一般資金貸付保険官公庁等共済組合住宅資金貨付保険相互保険組合

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone