コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経籍籑詁 けいせきせんこJing-ji zhuan-gu

4件 の用語解説(経籍籑詁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経籍籑詁
けいせきせんこ
Jing-ji zhuan-gu

中国の字書。清の阮元の編。106巻。嘉慶3(1798)年成立。古典語についての字解を集めたもの。漢代までの書物に出てくる文字を,『佩文韻府』の順に従い,それにないものは『広韻』『集韻』に拠って補い配列し,唐代初期までの経伝子史などに施された諸注から『匡謬正俗(きょうびょうせいぞく)』『一切経音義』など訓詁に関する書に出てくる字解を集め,その出所とともに示してある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けいせきせんこ【経籍籑詁】

中国の字書。106巻。清の阮元(げんげん)編。1798年成立。「佩文韻府(はいぶんいんぷ)」などにならい、漢字を韻別に分けて集録し、文字の原義や派生義を示している。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けいせきせんこ【経籍籑詁 Jīng jí zhuàn gǔ】

訓詁形式の字書。中国,清の阮元の著。唐以前の古書の本文ならびにその注釈の中から,訓詁ないし訓詁的な表現を選び出し,〈平水韻〉に従って配列したもの。韻の数と同じく106巻。宋・元理気の学のいわゆる新注に対し,漢・唐古注の学のインデックスともなる実用性の高い書物である。原本では本文と別になっていた補遺が,このごろでは文字ごとに本文といっしょにされ,利用にもはなはだ便となった。【尾崎 雄二郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

経籍籑詁の関連キーワードシーボーギウム送達佩文韻府豊作衛星航法人工授精佩文韻府アパルトヘイト犯罪条約ひかりの輪(改正)建築基準法

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone