コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵師草紙 えしのそうし

4件 の用語解説(絵師草紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絵師草紙
えしのそうし

貧乏な絵師が伊予国 (愛媛県) を賜わり喜ぶが,のちに実収がないことがわかり落胆するという話を絵巻としたもの。 14世紀前半の作。紙本着色,1巻。宮内庁三の丸尚蔵館蔵。詞,絵各3段から成り,内容,画風ともに特色のある作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えしぞうし〔ヱシザウシ〕【絵師草紙】

鎌倉時代の絵巻。1巻。伊予国を賜った喜びがはかなくついえ、仏道に志すようになる貧乏絵師の身の上を、滑稽(こっけい)味を交えて自由な筆致で描いたもの。えしのそうし。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えしのそうし【絵師草紙】

鎌倉時代の絵巻。極貧の生活を強いられている宮廷画(絵)師のあわれな話を,絵・詞3段の1巻におさめた14世紀前半の作品。御物。伊予国の所領知行の宣旨を受け,祝宴を開いて大振舞いをしたが,年貢はすでに前の領主に取られて後の祭り,上奏して窮状を訴えるが甲斐なく,ついには息子を仏門に入れ,自ら事の真相を絵筆をとって描きのこすという内容。宮廷画家は下級ながら一定の官位を有する廷臣であったが,経済的基盤に欠け,所領知行も困難であったことが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絵師草紙
えしのそうし

ある貧しい絵師に関する逸話を描いた絵巻。伊予守(いよのかみ)に任ぜられた絵師が一族を集めて祝宴を開いたが、喜びもつかのま、領地は他人にとられて年貢もないありさまである。なんとか家を興そうと、絵の奉行(ぶぎょう)をしている法勝寺(ほっしょうじ)の上司にすがってみたが、らちがあかない。家はますます貧しくなり、ついに息子を真言宗の寺に入れ、自分も仏道に志すという物語を、哀れに、またユーモラスに描いている。絵は太めの描線を駆使し、人物の顔や姿態を誇張的にとらえているが、現実的な迫力に富む。鎌倉時代(14世紀)の制作で、野趣のある画風が印象的である。御物。[村重 寧]
『『日本絵巻大成11』(1977・中央公論社) ▽『新修日本絵巻物全集18』(1979・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絵師草紙の関連キーワード源氏物語絵巻西行物語絵巻随身庭騎絵巻馬医草紙枕草子絵巻十二因縁絵巻節約疲れ珍誉長谷川こま子稚児草紙

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone