コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵金 エキン

6件 の用語解説(絵金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えきん〔ヱキン〕【絵金】

[1812~1876]幕末から明治初期の町絵師。土佐の生まれ。本姓は弘瀬、通称は金蔵。絵金は俗称。江戸で狩野派に学び、土佐に帰って芝居絵に怪奇的で特異な画風を展開した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

絵金 えきん

1812-1876 江戸後期-明治時代の絵師。
文化9年10月11日生まれ。文政12年江戸にでて駿河台(するがだい)派の狩野洞益(かのう-どうえき)にまなぶ。帰郷して土佐高知藩の絵師となるが,偽絵をつくり,その地位をうしなう。以後,町絵師として絵馬や,夏祭りの宵宮をかざる台提灯絵をかいた。歌舞伎を主題にした独特な血みどろ絵で知られる。明治9年3月8日死去。65歳。姓は弘瀬。名は柳栄,美高。通称は金蔵。絵金は絵師金蔵の略称。号は洞意。代表作に「双生(ふたご)隅田川」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

絵金

没年:明治9.3.8(1876)
生年:文化9.10.11(1812.11.14)
幕末・明治初年の浮世絵師。土佐(高知県)の髪結いの子として生まれる。姓は弘瀬,名は柳栄,美高,通称金蔵。文政10(1827)年ごろ,土佐藩の御用絵師池添美雅に狩野派を学び,同12年江戸に出て駿河台狩野家の狩野洞白に入門する。天保3(1832)年帰郷し,土佐藩の御用絵師となるが,6年偽絵を描いたことから御用絵師の身分を失う。以後,放浪生活ののち,郷里で町絵師として台提灯絵,絵馬などを制作。題材的には歌舞伎を多くテーマとし,表現的には幕末の時代性を色濃く映す血みどろシーンを得意として,絵屋金蔵,略して絵金と呼ばれた。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えきん【絵金】

1812‐76(文化9‐明治9)
幕末から明治初年に活躍した土佐(高知県)の町絵師。通称金蔵,絵金は絵師金蔵の略称。本名は弘瀬洞意友竹斎雀翁と号した。高知城下新市町の髪結の家に生まれたが,画道に志し,藩のお抱絵師池添美雅に師事して画才を認められた。1829年(文政12)江戸に出て狩野洞白に学び,狩野派の画法を習得して洞意の画名を拝領,32年(天保3)帰国して藩のお抱絵師に取り立てられる。数年後不始末をおかしてその地位を失い,以後没年までが官を離れた在野の画工としての絵金時代となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えきん【絵金】

1812~1876) 幕末・明治初期の画家。高知生まれ。本姓弘瀬、通称は金蔵、絵金は俗称。江戸で狩野派を学び、郷里土佐で藩のお抱え絵師に出世。のちその身分を奪われ、以後町絵師として芝居絵などに特異な才能を発揮。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絵金
えきん
(1812―1876)

幕末から明治初年に活躍した土佐(高知県)の町絵師。通称を金蔵といい、絵師金蔵という意味の絵金の名で親しまれた。姓は木村、のち弘瀬(ひろせ)、一時林を名のり、名は柳栄または美高、洞意(どうい)、友竹斎、雀翁(じゃくおう)などと号した。土佐の城下新市町の髪結いの子として生まれ、幼少から画業に志し、藩のお抱え絵師池添美雅(いけぞえよしまさ)に師事して画才を認められた。
 17歳のとき、藩主山内容堂の息女徳姫の供に加わり江戸へ出、幕府の御用絵師狩野洞白(かのうどうはく)について狩野派の画法を習得、同時に末期浮世絵の退廃的表現にも深く影響された。3年後に帰国して藩のお抱え絵師に取り立てられるが、数年後にスキャンダル(一説に狩野探幽(たんゆう)らの偽作を行うという)によりその地位を失い、以後、在野の画工としての絵金時代に入る。代表作として、夏の宵宮(よいみや)に神社の境内や参道を飾った台提灯絵(だいちょうちんえ)がある。ほぼ1間(約1.8メートル)四方の二枚折り屏風(びょうぶ)仕立てに泥絵の具で描かれた歌舞伎(かぶき)芝居絵だが、奔放な筆致と原色をばらまいたような鮮烈な彩色によって、激情の表出とおおらかな戯画化をあわせ果たした独得の絵画世界を創出している。[小林 忠]
『広末保・藤村欣市郎著『絵金』(1968・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の絵金の言及

【芝居絵】より

… そうした中で,西洋画の遠近法を採り入れた〈浮絵〉の手法により劇場の内部を統一的に描いた奥村政信(1686‐1764)や,三都の芝居町の楽屋内の模様をそれぞれ大判三枚続きの大画面に精細に報告した歌川国貞(1786‐1864),あるいは土壁への釘による落書になぞらえて滑稽な役者似顔の戯画を生んだ歌川国芳(1797‐1861)らの,異色の画業が特筆されるであろう。さらには,幕末の土佐に出て,奔放な筆致と原色的な色彩を用い,地方土着の激情を台提灯絵(だいちようちんえ)の芝居絵に発散させた絵金(1812‐76)の活躍も注目に価するものがある。役者絵【小林 忠】。…

※「絵金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

絵金の関連キーワード唐橋在熙酒井忠発千種有政河地重矩中村芝翫内海椿水大原其戎樋口逸斎前原巧山山本仁平

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

絵金の関連情報