コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対評価 ぜったいひょうか

知恵蔵の解説

絶対評価

児童生徒を対象とする教育評価方法の1つで、相対評価に対するもの。相対評価は、集団内(学級や学年)における位置(例えば上位5%に入っているか)を明らかにしようとするもので、集団準拠測定などといわれることもある。それに対して絶対評価は、指導目標に照らして設定された基準によって行われる評価。

(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜったい‐ひょうか〔‐ヒヤウカ〕【絶対評価】

設定された教育目標に対し、個人がどれだけ達成したかを評価する方法。到達度評価。⇔相対評価

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

人材マネジメント用語集の解説

絶対評価

・定められた評価基準によって、従業員個々のレベルを評価・判定する方法を言う。
・評価基準が明確にひとつの尺度ハードルとして確立している場合に用いられる方法であり、個々人の能力発揮に応じた処遇の実現や、評価結果に基づく能力開発自己啓発への動機付けなどが可能になる。
・一方で、相対化を行う場合と比較して、支払い原資のコントロールが難しくなる点もある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜったいひょうか【絶対評価】

教育目標の達成度を評価する方法。カリキュラムの目標などを規準として個々の児童生徒の達成度をはかるもの。 ↔ 相対評価

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対評価
ぜったいひょうか

相対評価」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絶対評価
ぜったいひょうか

相対評価と並ぶ評価法の一つ。設定された教育目標や社会的期待の水準を基準として、個人がそれにどれだけ到達したかによって評価する方法。到達度評価ともよばれる。[河合伊六]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

絶対評価の関連キーワード大阪府教委による学テの内申利用をめぐる経緯大阪府教委の内申点作りの新基準フィギュアスケートの採点法職員基本条例(案)モンドセレクション学業不振児ゆとり教育逆算化傾向勤務評定2学期制指導要録技術水準通信簿学力

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶対評価の関連情報