絶縁協調(読み)ぜつえんきょうちょう(英語表記)coordination of insulation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「絶縁協調」の解説

絶縁協調
ぜつえんきょうちょう
coordination of insulation

電力系統発電送電・変電・配電用設備絶縁設計にあたっては,によるサージ (電流電圧急増) や遮断器開閉に伴うサージなどの異常電圧に対処するため,アーキングホーン避雷器などの保護装置やその特性,およびそれぞれの設備の機能と重要性などを考慮して,電力系統全体のバランスをとり,かつ経済的になるように絶縁設計を行う。これを絶縁協調という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「絶縁協調」の解説

ぜつえんきょうちょう【絶縁協調 insulation co‐ordination】

電力系統各部の絶縁を,絶縁故障を最小限におさえて技術的にも経済的にもまた系統運用上からも全体としてもっともバランスのとれた形にすること。電力事業の初期には各部の絶縁を独立に行ったため,雷によって送電線路での故障が続発すると送電線の碍子個数を増やして線路の絶縁を強化した。このため送電線路で大地へ逃れなくなった雷電圧が変電所へ侵入し,変圧器や遮断器を破壊することになった。これらの経験から,1928年アメリカのスポーンP.Spornは電力系統各部の絶縁を重要な機器のに高くすることを提案した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android