コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

避雷器 ひらいきlightning arrester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

避雷器
ひらいき
lightning arrester

発電所や送電線などの電気施設を,雷や異常電圧から保護する装置。雷による衝撃や遮断器の開閉時に発生する開閉サージなどの異常電圧がかかると,避雷器は放電を開始し,異常電荷を大地に放電させる。異常電圧が除去できれば,ただちに避雷器は絶縁を回復して停電を防ぐことができる。弁型,抵抗型,弁抵抗型,放出型などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひらい‐き【避雷器】

落雷などによって電気回路にかかる異常な高電圧から電気機器を守るための装置。回路と大地とを接続して、大地に放電させるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

避雷器【ひらいき】

落雷などによる過電圧衝撃波に対し放電して大地に導く装置で,発送配電の電力設備を雷から保護する。放電後は停電を生ずることなく原状に復帰する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひらいき【避雷器】

落雷から機器を保護する装置。一般に、保護される機器と大地との間を接続し、雷などによる異常電圧が加わると異常電流を大地に通して放電させ、保護するもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

避雷器
ひらいき
lightning arrester

雷をはじめとする異常電圧から電力系統を保護する装置。避雷器は電力系統の絶縁協調のかなめともいうべきもので、その特性および設置位置の選定によって、変圧器、母線、碍子(がいし)の個数など、基本的な回路設計にも影響を及ぼすこととなる。電力系統の異常電圧としては、直撃雷や誘導雷などの雷(らい)サージ(外雷)、遮断器などの開閉器の開閉時に発生する開閉サージ(内雷)などがあり、避雷器は、このような異常電圧が発生し、それがある値(定格電圧より高く、他の変圧器・母線などの機器の絶縁破壊電圧より低い)を超えると放電を開始し、送電を継続する役目をする。避雷器の構造は、一般には放電電流と端子電圧(制限電圧)の特性を決める要素と、放電後に系統電圧によって続いて流れようとする電流を阻止する要素から成り立っている。古くは炭化ケイ素の非直線抵抗素子と直列ギャップ(電気接点間の間隔)を用いた避雷器が用いられてきたが、昭和40年代に日本において酸化亜鉛を主成分とする優秀な非線形抵抗体が開発され、その後、この酸化亜鉛素子を用いることにより直列ギャップを必要としない高性能避雷器が開発実用化された。今日では、この酸化亜鉛形避雷器は、日本のみならず諸外国で必要不可欠な避雷装置として利用されるようになった。[内田直之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の避雷器の言及

【避雷】より

…架空地線への雷撃電流は鉄塔を通って大地へ流入する。
[避雷器]
 おもに変電所などで用いられ,雷による過電圧が加わると大地へ電流を流して過電圧を低減する装置である。過電圧が加わったときだけ働くスイッチの役目をする直列ギャップと非直線抵抗体から構成されていたが,最近,日本でニューセラミックスの一種である酸化亜鉛ZnOを主成分とする優秀な非直線抵抗体が開発されたため直列ギャップは不要になり,世界各国にこの新型避雷器が普及しつつある。…

※「避雷器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

避雷器の関連キーワードチャールズ・プロテウス シュタインメッツエム・システム技研スタインメッツ一色 貞三絶縁破壊バリスタ変電所雷除け落雷

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android