絽刺(読み)ろざし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絽刺
ろざし

日本刺繍の一技法。練らない絹の織り地 (生絽) の織り目に絽糸で多彩な模様をつくる。織り目を拾う手法で,簡単でだれにもできる幾何学模様のものから,下絵の上に複雑な模様を刺す熟練を要するものまである。江戸時代には公家や武家の子女の間で紙入れなどに使われ愛好されたが,今日でも財布,ハンドバッグなどの小物から帯や額などまで,独特の強さと気品が珍重されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android