コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絽刺 ろざし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絽刺
ろざし

日本刺繍の一技法。練らない絹の織り地 (生絽) の織り目に絽糸で多彩な模様をつくる。織り目を拾う手法で,簡単でだれにもできる幾何学模様のものから,下絵の上に複雑な模様を刺す熟練を要するものまである。江戸時代には公家や武家の子女の間で紙入れなどに使われ愛好されたが,今日でも財布,ハンドバッグなどの小物から帯や額などまで,独特の強さと気品が珍重されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろ‐ざし【×絽刺(し)】

日本刺繍(ししゅう)で、絽織りの透き目に色糸を刺して布目を埋め込み、模様を作るもの。袋物・帯・草履の表などに用いる。絽刺し縫い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

絽刺の関連キーワード区限刺しゅう日本刺繍

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android