網状星雲(読み)あみじょうせいうん(英語表記)Cygnus Loop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網状星雲
あみじょうせいうん
Cygnus Loop

はくちょう座にある星雲 NGC6960,6979,6992,6995の総称で,全体が球殻状の超新星残骸 6万年前に爆発した超新星の名残り。秒速 100kmで膨張しており,強い電波および X線を放射している。地球から約 1600光年の距離にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あみじょう‐せいうん〔あみジヤウ‐〕【網状星雲】

白鳥座にあって、薄いレースを広げたように見える星雲。数万年前に爆発した超新星残骸で、放出されたガスは現在も膨張しつづけている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

網状星雲【あみじょうせいうん】

はくちょう座にある星雲(NGC6960,6992,6995)。超新星の残骸。距離1100光年。
→関連項目散光星雲

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あみじょうせいうん【網状星雲 Cygnus Loop】

はくちょう座ε星とζ星の間に広がる超新星の残骸。カタログ番号はNGC6960,6992,6995。数万年ほど前に起こった超新星の爆発によって,毎秒数千kmの速度でガスが放出された。膨張するときに,まわりの星間空間にあったガスを掃き集め,膨張速度が落ちてきて,現在では毎秒300kmの速度になっている。網状星雲はフィラメントが何本も重なって一つの大きなリング状の形になっている。このようなフィラメントには,電離したガスが多量に存在している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あみじょうせいうん【網状星雲】

白鳥座にある星雲の一。数万年前に爆発した超新星の残骸。繊維状に光って見え、膨張し続けているガス体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網状星雲
あみじょうせいうん

はくちょう座にある散光星雲。細い繊維の集合のように見える二つの星雲(NGC6992、NGC6960)で、この二つにさらに近傍の星雲をあわせてみると、視直径約3度と月の見かけ上の大きさの数倍、実直径では数十光年(1光年=約9兆4600億キロメートル)に達する巨大なループを描いていることがわかる。可視光では入り組んだ繊維のように光るので「網状」とよぶが、実体は毎秒100キロメートルの高速で膨張する高温度のガス球殻である。実際、電波望遠鏡で観測すると全体が球形をなすことがわかる。およそ1万年前に爆発して飛散した超新星の名残(なごり)と考えられ、高速で膨張する衝撃波が星間空間の希薄なガスと激しくぶつかって光と電波を発しているのである。これを一般に、超新星残骸(ざんがい)とよぶ。地球からの距離は約1800光年。[海部宣男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の網状星雲の言及

【星雲】より

…銀河系内に1000個余りが知られていて,いて座の銀河中心方向に数多く密集している。
[超新星の残骸]
 おうし座のかに星雲,はくちょう座の網状星雲などの星雲は超新星の残骸である。水素,ヘリウム,窒素,酸素,ネオン,硫黄などの強い輝線がある。…

※「網状星雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android