美辞麗句(読み)びじれいく

四字熟語を知る辞典「美辞麗句」の解説

美辞麗句

美しい言葉や文句。特に、うわべだけを飾りたてた文句。

[使用例] 「返事出さなきゃならないんだけど、会社に訳してくれる人いない?」〈〉受けとって読むと、女学生のごとき美辞麗句がつらねられていて[野坂昭如アメリカひじき|1967]

[使用例] いかに美辞麗句で飾られようとも、崩壊しつつあるブルジョア社会の末期的頽廃にしか過ぎないものに[柴田翔*われら戦友たち|1973]

[解説] 同じような意味合いの語を重ねて強調した表現。表面だけが美しく中味がないという、よくないニュアンスで用いられます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「美辞麗句」の解説

びじ‐れいく【美辞麗句】

〘名〙 美しいことばで飾った耳ざわりのよい文句。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉読書放浪「仰々しい形容や空虚な美辞麗句の行列に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「美辞麗句」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android