コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線形虫類 せんけいちゅうるい Nematomorpha; gordian worm

2件 の用語解説(線形虫類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

線形虫類
せんけいちゅうるい
Nematomorpha; gordian worm

袋形動物門線形虫綱に含まれる種類の総称。体長 10~40cmであるが,なかには 1mほどになるものもある。体は細長い針金状で,体表が厚いクチクラでおおわれるものと繊毛をもつものとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

線形虫類
せんけいちゅうるい

袋形(たいけい)動物門中の一綱Nematomorphaを構成する動物群。ハリガネムシ目Gordioideaと遊線虫目Nectonematoideaの2目に分けられ、前者は淡水中で自由生活をし、後者は海産で浮遊生活をする。世界中で約240種、日本には8種ほどが知られている。
 体長は普通10~40センチメートルであるが、なかには1メートルになるものもある。体は細長い針金状で、表面の外皮には乳頭状、指状などさまざまな突起があって、種類を識別する大きな特徴になっている。体の先端は丸くて口があり、後端は丸いものや、2あるいは3葉に分かれている。循環器官、呼吸器官や排出器官はない。消化管はあっても管の両端が閉じるか、なかには退化していて、食物を食べたり消化したりはしていないと思われる。
 雌雄異体で、ハリガネムシでは雌のほうが大きい。幼虫は、おもに直翅(ちょくし)類と甲虫類の昆虫の体内で成長し、宿主の肛門(こうもん)付近に孔(あな)をあけて脱出し、水中で生活する。ニホンザラハリガネムシChordodes japonensis、カスリハリガネムシGordius japonicusなどが普通に産する。遊線虫類の種類は海産の甲殻類に寄生するが、まだ日本から知られていない。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

線形虫類の関連キーワード袋形動物線形動物蠕形動物輪形動物線形虫キュウチュウ(吸虫)円虫線形虫綱線形動物門袋形動物門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone