コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽後国 うごのくに

4件 の用語解説(羽後国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽後国
うごのくに

もと出羽国。明治1 (1868) 年,南北に2分されて,羽前,羽後となる。羽後国は飽海 (あくみ) ,由利,雄勝,平鹿,仙北,川辺,秋田,山本の8郡を管し,北方に位置した。 1876年,飽海郡 (山形県) を除いて秋田県となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うご‐の‐くに【羽後国】

羽後

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

羽後国【うごのくに】

旧国名。山形県の一部と秋田県の大半。1868年出羽(でわ)国を羽前・羽後に分割して設置。1871年当国域にあった5県が合併して秋田県となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽後国
うごのくに

1868年(明治1)に新置された国名。同年12月7日、太政官(だじょうかん)布告によって、それまでの出羽(でわ)国が羽前・羽後の2国に分離したその北部にあたる。東は陸前国(宮城県)・陸中国(岩手県)、北は陸奥(むつ)国(青森県)、西は日本海に接する。新政府が戊辰(ぼしん)戦争直後の時期にこの措置をとったのは、戦後の東北諸藩を強力に政府の統制下に置くことをねらった政策的意図もあったものとみられる。出羽国のうち飽海(あくみ)、秋田、河辺(かわべ)、仙北(せんぼく)、雄勝(おがち)、山本、平鹿(ひらか)、由利(ゆり)の8郡が羽後国に編入された。1871年廃藩置県により羽後国は廃止となり、飽海郡は酒田県を経て同年山形県に編入され、他の七つの郡は陸中国鹿角(かづの)郡とあわせて秋田県となった。現在でもJRの駅名として羽後本荘(ほんじょう)(由利本荘市)、羽後境(大仙(だいせん)市)、羽後牛島(秋田市)などとして使用されている。[高橋秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の羽後国の言及

【出羽国】より

…しかし米沢,山形をはじめ出羽諸藩の大部分は同盟軍となったが,政府軍の洋式軍備のもとに次々と降伏して約6ヵ月の戦いは終結した。 新政府は奥羽支配のために新たな国郡制を設け,1868年12月出羽国を羽前国,羽後国の2国とした。また戦争の論功行賞として,秋田,本荘などには賞典禄を与える一方,米沢,山形,庄内などの朝敵諸藩には領地没収,首謀者の斬罪などの処分を行った。…

※「羽後国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

羽後国の関連キーワード羽州探題出羽斎藤有記羽生氏熟室町公大毛利元敏大宝寺氏本堂氏出羽国一宮出羽国絵図

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone