コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽須美 はすみ

2件 の用語解説(羽須美の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽須美
はすみ

島根県中南部,江川 (ごうがわ) 中流域の地域。旧村名。広島県に接する。 1957年口羽村と阿須那村が合体して発足。 2004年 10月に石見町,瑞穂町と合併し邑南町となる。阿須那は古くから家畜市が盛んで,永正年間 (1504~21) には中国地方の三大市場の一つといわれていたが,大正中期に消滅。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽須美
はすみ

島根県中南部、邑智(おおち)郡にあった旧村名(羽須美村(むら))。現在は邑南(おおなん)町の南東部を占める地域。1957年(昭和32)口羽(くちば)、阿須那(あすな)の2村が合併して成立。2004年(平成16)瑞穂(みずほ)町、石見(いわみ)町と合併、邑南町となる。旧村域は広島県に隣接する。JR三江(さんこう)線が通じ、宇都井(うづい)駅は高さ30メートルの橋上にある無人駅。また、広島県三次(みよし)市との境界に国道375号が通じる。江戸時代は浜田藩領。阿須那牛馬市は古代から江戸時代まで行われ、中国地方三大家畜市の一つであった。たたら製鉄、木炭生産が行われたが、現在は高冷地野菜栽培のほか、アユやコイの養殖が盛んで、県内のほか広島、大阪にも出荷される。過疎対策としてリゾートセンターを設置、観光地化を進めている。伴蔵(ばんぞう)山にあるリゾート公園「自然回帰高原」の休養施設からの雲海は美しい。1979年に31年ぶりに花田植が復活した。[野本晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羽須美の関連情報