コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翁久允 おきな きゅういん

2件 の用語解説(翁久允の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

翁久允 おきな-きゅういん

1888-1973 明治-昭和時代の小説家,ジャーナリスト。
明治21年2月8日生まれ。40年渡米し,シアトルの邦字紙「旭(あさひ)新聞」などに小説を発表。大正13年帰国し,15年「週刊朝日」編集長となる。昭和11年故郷の富山で郷土文化誌「高志人(こしびと)」を創刊した。昭和48年2月14日死去。85歳。作品に「道なき道」「大陸の亡者」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

翁久允
おきなきゅういん
(1888―1973)

明治末から大正期の在米日本人文学者、ジャーナリスト。明治21年2月8日富山県生まれ。1907年(明治40)に19歳でアメリカのシアトルへ渡り、1909年『旭(あさひ)新聞』の懸賞小説に応募した『別れた間』が二等に入選した。明治末年に一時帰国、再渡米し1915年(大正4)に長編『悪の日影』を『日米新聞』に連載した。これは、移民社会における生活不安や個人主義、望郷などを描くべきであるという移民地文学の提唱者としてそれを実証するものであった。1924年帰国、朝日新聞社の下村海南(しもむらかいなん)と出会ったのが縁となり同社入社、1926年5月『週刊朝日』編集長となる。1931年(昭和6)竹久夢二と渡米、1933年インドに旅行し、タゴールと会う。1935年からは富山の郷土史研究に専心、月刊誌『高志人(こしびと)』を戦後まで刊行し続けた。昭和48年2月14日死去。[清田義昭]
『翁久允全集刊行会編・刊『翁久允全集』全10巻(1971~1973) ▽松田良夫著『翁さんと私』(1975・つむぎ社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翁久允の関連キーワード加藤武雄桜田常久貴司山治浅見淵作田彦添田さつき寺崎浩中野実野沢純横山美智子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone