コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翻訳後修飾

2件 の用語解説(翻訳後修飾の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

翻訳後修飾

 タンパク質合成の過程で,mRNAを翻訳してペプチド鎖が形成された後に起こるペプチド鎖の修飾.リン酸エステル化糖鎖形成ペプチド結合の一部の切断,アセチル化アミド化,一部のアミノ酸の側鎖の修飾などがある.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほんやくご‐しゅうしょく〔‐シウシヨク〕【翻訳後修飾】

たんぱく質がリボソーム上で伝令RNA翻訳によって合成されたあと、糖鎖リン酸メチル基の付加などを受けること。生体内において、たんぱく質の機能発現や活性調節に深く関わっていると考えられている。PTM(post-translational modification)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

翻訳後修飾の関連キーワードプロテオームスプライシング相補的RNARNA干渉バイオチップ偽遺伝子RNA干渉アンチコドン遺伝子発現コンプレメンタリーDNA

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

翻訳後修飾の関連情報