コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耀天記 ようてんき

2件 の用語解説(耀天記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耀天記
ようてんき

鎌倉時代の天台神道経典の一つ。1巻。貞応2 (1223) 年作。滋賀県坂本の日吉大社の由緒を中心とした山王神道書。日吉山王に釈尊が垂迹して衆生を済度するとして,延暦寺の鎮守神である日吉社を最高の神とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようてんき【耀天記】

鎌倉中期に撰作された山王神道の書。1巻。撰者は不詳であるが,延暦寺の学僧とみられる。現任社司,大宮事等40門にわけて記すが,32門山王事までが1223年(貞応2)の撰,つぎの両所三聖事以下はのちの加筆とみられている。比叡山の鎮守近江坂本の日吉神社の神は釈迦如来の垂迹で諸神の根本との思想に立ち,天台教学の三諦即一の教理を示す,その初期的な書。《続群書類従》神祇部所収。【鎌田 純一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

耀天記の関連キーワード雲伝神道山王一実神道俗神道類聚神祇本源三部神道勅撰作者部類日吉神道神道の碑源氏物語・大沢本山王神道

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone