コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人性紫斑病 ろうじんせいしはんびょう

1件 の用語解説(老人性紫斑病の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ろうじんせいしはんびょう【老人性紫斑病】

[どんな病気か]
 老人の腕の前部、手の甲(こう)、脚(あし)の前部、足の甲、顔面、くびなど、日光の当たる部分に、点状やまだら模様の紫斑ができ、数日後、紫斑のあとに色素の沈着(しみ)が残るものです。
 年をとると、血管周囲にある結合組織コラーゲン)や脂肪組織が萎縮(いしゅく)して薄くなるために、血管の保護がされにくくなります。
 そのうえ、血管自体も老化によってもろくなるために、ちょっとした力が加わっても皮下出血(ひかしゅっけつ)をおこし、紫斑ができるのです。
 老化にともなう避けがたい変化が原因であり、心配する必要も、治療の必要もありません。
 ただ、しみが残りますから、老化によって皮下出血がおこりやすくなっていることを自覚し、机やいすなどに手足をぶつけたり、強いゴムひもの入った衣服でからだを締(し)めつけたりしないように気をつけます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

老人性紫斑病の関連キーワード御悩前部何心地何なり不死身プリマドンナ病は気から利腕老人の日

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone