コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人性紫斑病 ろうじんせいしはんびょう

家庭医学館の解説

ろうじんせいしはんびょう【老人性紫斑病】

[どんな病気か]
 老人の腕の前部、手の甲(こう)、脚(あし)の前部、足の甲、顔面、くびなど、日光の当たる部分に、点状やまだら模様の紫斑ができ、数日後、紫斑のあとに色素の沈着(しみ)が残るものです。
 年をとると、血管周囲にある結合組織(コラーゲン)や脂肪組織が萎縮(いしゅく)して薄くなるために、血管の保護がされにくくなります。
 そのうえ、血管自体も老化によってもろくなるために、ちょっとした力が加わっても皮下出血(ひかしゅっけつ)をおこし、紫斑ができるのです。
 老化にともなう避けがたい変化が原因であり、心配する必要も、治療の必要もありません。
 ただ、しみが残りますから、老化によって皮下出血がおこりやすくなっていることを自覚し、机やいすなどに手足をぶつけたり、強いゴムひもの入った衣服でからだを締(し)めつけたりしないように気をつけます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

老人性紫斑病の関連キーワード血管性紫斑病出血傾向紫斑病

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android