コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉体の悪魔 ニクタイノアクマ

デジタル大辞泉の解説

にくたいのあくま【肉体の悪魔】

《原題、〈フランス〉Le Diable au corpsラディゲ長編小説。1923年刊。早熟な少年と出征兵士の妻との恋愛心理を、簡潔な古典的文体で描く。
田村泰次郎の小説。昭和21年(1946)発表。日本軍下士官と八路軍の娘との愛と別れを描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にくたいのあくま【肉体の悪魔】

ラディゲの長編小説。1923年刊。第一次大戦で夫を戦地に送り出した若き人妻と早熟な高校生との微妙な恋愛心理を、簡潔な古典的文体で描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肉体の悪魔
にくたいのあくま
Le Diable au corps

フランスの作家ラディゲの小説。1923年に「17歳の小説家」の作品としてセンセーショナルに発表され、作者の早熟の天才の名を高くした。ダダやシュルレアリスムの勃興(ぼっこう)期にあって、新奇を排し、平凡に徹することを選んだ作者は、恋愛を主題とし、主人公の心理の動きを筋立てとする、いわば伝統的な手法のうえにたっている。第一次世界大戦下のパリ近郊を舞台に、時代の異様な空気にいやおうなく浸されて生きる16歳の少年が「出征兵士」の妻マルトとの恋に落ちる。幼さゆえに肉体にとらわれ、若さゆえに残酷を犯すこの恋は、またあらゆる恋と同じく、花開き、熟し、凋落(ちょうらく)する。マルトの死と、その夫の手に残された少年の子供が悲劇の終末を飾る。作者自身の体験によりつつ鋭利に分析された思春期の心理は、その不条理な側面を含めて普遍的な人間心理の考察へと深められ、20歳で亡くなった作者の早すぎる老成をしのばせる。[大崎明子]

映画

フランス映画。1947年作品。クロード・オータン・ララ監督。レイモン・ラディゲの同名の小説を、当時有名な脚本家ジャン・オーランシュJean Aurenche(1903―1992)とピエール・ボストPierre Bost(1901―1975)のコンビと監督が組んで脚本を書いた。当時のフランスでは不道徳として上映反対運動が起きた。主人公のフランソワを演じたジェラール・フィリップは、この映画をきっかけにスターの座へ駆け上った。マルト役はミシュリーヌ・プレールMicheline Presle(1922―2012)。日本では1952年(昭和27)に公開。1985年にスコット・マレーScott Murrayが舞台を第二次世界大戦中のオーストラリアに移してリメイク、さらに1986年にはマルコ・ベロッキオMarco Bellocchio(1939― )が、イタリアの現代を舞台にリメイク作品をつくった。[古賀 太]
『新庄嘉章訳『肉体の悪魔』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

肉体の悪魔の関連キーワードフィリップ(Gérard Philipe)ラッセル(Ken Russell)ジェラール フィリップミシュリーヌ プレールレーモン ラディゲジョージナ ヘイルマルコ ベロッキオK. ラッセルオータン=ララジャック タチ田村 泰次郎P. ボストジャーマンフィリップ土井 逸雄ラッセル戦地

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肉体の悪魔の関連情報