コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉体の悪魔 ニクタイノアクマ

3件 の用語解説(肉体の悪魔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にくたいのあくま【肉体の悪魔】

《原題、〈フランス〉Le Diable au corpsラディゲ長編小説。1923年刊。早熟な少年と出征兵士の妻との恋愛心理を、簡潔な古典的文体で描く。
田村泰次郎の小説。昭和21年(1946)発表。日本軍下士官八路軍の娘との愛と別れを描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にくたいのあくま【肉体の悪魔】

ラディゲの長編小説。1923年刊。第一次大戦で夫を戦地に送り出した若き人妻と早熟な高校生との微妙な恋愛心理を、簡潔な古典的文体で描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肉体の悪魔
にくたいのあくま
Le Diable au corps

フランスの作家ラディゲの小説。1923年に「17歳の小説家」の作品としてセンセーショナルに発表され、作者の早熟の天才の名を高くした。ダダやシュルレアリスムの勃興(ぼっこう)期にあって、新奇を排し、平凡に徹することを選んだ作者は、恋愛を主題とし、主人公の心理の動きを筋立てとする、いわば伝統的な手法のうえにたっている。第一次世界大戦下のパリ近郊を舞台に、時代の異様な空気にいやおうなく浸されて生きる16歳の少年が「出征兵士」の妻マルトとの恋に落ちる。幼さゆえに肉体にとらわれ、若さゆえに残酷を犯すこの恋は、またあらゆる恋と同じく、花開き、熟し、凋落(ちょうらく)する。マルトの死と、その夫の手に残された少年の子供が悲劇の終末を飾る。作者自身の体験によりつつ鋭利に分析された思春期の心理は、その不条理な側面を含めて普遍的な人間心理の考察へと深められ、20歳で亡くなった作者の早すぎる老成をしのばせる。[大崎明子]

映画

フランス映画。1947年作品。クロード・オータン・ララ監督。レイモン・ラディゲの同名の小説を、当時有名な脚本家ジャン・オーランシュJean Aurenche(1903―1992)とピエール・ボストPierre Bost(1901―1975)のコンビと監督が組んで脚本を書いた。当時のフランスでは不道徳として上映反対運動が起きた。主人公のフランソワを演じたジェラール・フィリップは、この映画をきっかけにスターの座へ駆け上った。マルト役はミシュリーヌ・プレールMicheline Presle(1922―2012)。日本では1952年(昭和27)に公開。1985年にスコット・マレーScott Murrayが舞台を第二次世界大戦中のオーストラリアに移してリメイク、さらに1986年にはマルコ・ベロッキオMarco Bellocchio(1939― )が、イタリアの現代を舞台にリメイク作品をつくった。[古賀 太]
『新庄嘉章訳『肉体の悪魔』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肉体の悪魔の関連キーワードフランス組曲トランスポーターフランス刺繍トランスポーター2フランス白粉の秘密まぼろしラスクフランスヴィ・ド・フランス《Le diable au corps》《Robert le diable》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肉体の悪魔の関連情報