コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃神経症 いしんけいしょうgastric neurosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃神経症
いしんけいしょう
gastric neurosis

胃ノイローゼともいう。胃症状を伴う器官神経症の1種で,神経性食欲不振症神経性嘔吐空気嚥下症,食餌逆流症および反芻症,大食症などが含まれる。しかし最近は,単なる神経症というよりも,器質的異常を伴う心身症として取扱う傾向にある。こうした疾患の治療には,精神心理療法を加えた心身両面からの対策が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

胃神経症【いしんけいしょう】

器官神経症の一種。胃に気質的な病変が認められないのに,さまざまな症状を訴える疾患。食欲不振,多食症などの食欲異常,悪心,嘔吐,心窩部(しんかぶ)の痛み,胃部膨満感など多様な訴えがあり,諸検査によって胃に異状は認めらないにもかかわらず,訴えが長期にわたって続く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android