コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃神経症 いしんけいしょうgastric neurosis

2件 の用語解説(胃神経症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃神経症
いしんけいしょう
gastric neurosis

ノイローゼともいう。胃症状を伴う器官神経症の1種で,神経性食欲不振症神経性嘔吐空気嚥下症,食餌逆流症および反芻症,大食症などが含まれる。しかし最近は,単なる神経症というよりも,器質的異常を伴う心身症として取扱う傾向にある。こうした疾患の治療には,精神心理療法を加えた心身両面からの対策が必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

胃神経症【いしんけいしょう】

器官神経症の一種。胃に気質的な病変が認められないのに,さまざまな症状を訴える疾患。食欲不振,多食症などの食欲異常,悪心,嘔吐,心窩部(しんかぶ)の痛み,胃部膨満感など多様な訴えがあり,諸検査によって胃に異状は認めらないにもかかわらず,訴えが長期にわたって続く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone