コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃鏡 いきょうgastroscope

翻訳|gastroscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胃鏡
いきょう
gastroscope

内視鏡のこと。口から食道を経て胃に挿入して内面を観察する器械。ファイバスコープが完成して以来,診断能力が飛躍的に向上した。先端に小型カメラを装着した胃カメラと,グラスファイバを光学系に使った胃ファイバスコープがあり,この分野では日本が最先端であるが,現在では胃カメラはほとんど使われない。この胃鏡を利用して病変部の組織片を採取し,病理学的検索を行なったり,ポリープの切除や胃内異物の除去を行うことも可能である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐きょう〔ヰキヤウ〕【胃鏡】

胃の中を肉眼で観察するための医療器具。ゴム管レンズを組み込んだものが使われた。その後、胃カメラが普及、現在はファイバースコープが用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

胃鏡

 胃の内膜表面を検査する小型カメラ.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いきょう【胃鏡】

ゴム管の中に多くのレンズと反射鏡を組み合わせて入れた管状の医療器具。口から胃内に挿入し、胃粘膜を直接観察する。初期は金属管、現在ではグラス-ファイバー製が用いられる。 → 胃カメラ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胃鏡
いきょう
gastroscope

胃の内部を観察し診断するための医療器具。1863年にドイツの内科医クスマウルAdolf Kussmaul(1822―1902)が、47センチメートルの金属管を用い、呑刀(どんとう)師(刀を呑(の)み込む奇術を行う芸人)の胃の内部をかいまみるのに成功したのが、胃鏡の始まりとされている。1933年にドイツの内科医シンドラーRudolf Schindler(1888―1968)が、多数のレンズをゴムホースの内部に組み込んでつくった軟性胃鏡を発明し、胃鏡検査は実用的なものとなったが、苦痛も大きく、広く普及するには至らなかった。1950年(昭和25)に日本で開発された胃カメラは、直接見るかわりに、胃内に小型カメラを挿入して内部を撮影するもので、これによって胃の内視鏡検査は多くの医師の手で行われるようになった。胃鏡検査が盛んに行われるようになったのは、アメリカの内科医ヒルショビッツBasil Isaac Hirschowitz(1925― )が1957年にファイバースコープを発明した以降のことである。今日では、先端に小型撮像素子(CCD)を組み込んだ電子スコープがもっぱら使用されている。[多賀須幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の胃鏡の言及

【内視鏡】より

…内部を見る器具を意味するエンドスコープendoscope(endoは内部,scopeは望遠鏡などものを見るための道具)の訳語。対象とする内腔が胃であるか膀胱であるかなどによって,胃鏡あるいは膀胱鏡などと呼ばれ,内視鏡はそれらの総称である。日本でこの用語が広く用いられるようになったのは,1961年に日本内視鏡学会が設立された以降のことである。…

※「胃鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

胃鏡の関連キーワードミクリチ=ラデツキガストロスコピーガストロスコープ胃生検

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胃鏡の関連情報