コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胎内仏 たいないぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胎内仏
たいないぶつ

仏像の胎内などに納められた小仏像。古くは法隆寺西円堂本尊の奈良時代の『薬師如来像』の胎内仏が伝わるが,多くは平安時代以後にみられる。両像が同じ尊像の場合と胎内仏が別の尊像の場合とがあり,新しく造った仏像の胎内に古い仏像を納めたり,また発願者に特に関係の深い仏像を納める場合がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいない‐ぶつ【胎内仏】

仏像の胎内に納められた小仏像。平安時代以後にみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

胎内仏【たいないぶつ】

仏像の内部に納入された小仏像。平安時代以降にみられ,彫像のほかに摺仏(すりぼとけ),画仏を納めた例もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいないぶつ【胎内仏】

仏像の胎内に納置されている小仏像をいう。像(胎)内納入品の一種で,仏像のみ単独に奉籠される場合と,仏舎利塔や経典,願文などいろいろな品をあわせて奉籠される場合とがある。胎内仏の尊像は,これを納置する像と同じ尊像であることが多いが,まったく別種の尊像を納置する場合もある。法隆寺西円堂の乾漆造丈六薬師如来座像の胎内に薬師如来の小金銅仏が発見されており,いずれも奈良時代の作品ながら納置された時代は不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいないぶつ【胎内仏】

仏像の胎内に納められた小さな仏像。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胎内仏
たいないぶつ

仏像の胎(体)内空間に納入された小仏像。仏像に仏性を秘めるための構成と考えられており、俗に「腹籠(はらごも)りの像」などともいう。仏像胎内には、ほかに画像、鏡像、印仏(いんぶつ)、摺仏(しゅうぶつ)、願文、舎利(しゃり)、五輪塔などが納入される場合があり、これらは胎内文書(もんじょ)とか胎内納入品とよばれる。
 胎内仏はそれを納めた外の像と同じ尊形であるもの(茨城県城里(しろさと)町薬師寺の木造薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)に納められた薬師如来の小金銅仏坐像など)が多いが、別の尊像の場合(奈良市伝香寺裸地蔵立像胎内の薬師如来坐像、十一面観音(かんのん)立像など)もある。また制作年代も、胎内仏のほうが古いこともある(法隆寺聖霊(しょうりょう)院聖徳太子像〈1121〉の胎内に奈良時代の銅造観音立像が発見されている)。大きさは丈六(じょうろく)像(座高約2.5メートル)の中に30~40センチメートルほどの像を入れる(法隆寺西円堂の乾漆薬師如来坐像内の小金銅仏)というように大小差が極端な例が多いが、胎内空間ぎりぎりの像の場合もあり、また数多くの小像を入れる例(浄瑠璃(じょうるり)寺馬頭観音立像胎内には70余体の馬頭観音小像などが納められている)もある。胎内仏は、寄木造(よせぎづくり)が発達して胎内空間がつくりやすくなった平安中期以降の像に、多くの例がみられる。また外面の像を拝するときに体内仏をともに拝めるよう安置されるのが普通であるが、ときには厨子(ずし)のように(鎌倉覚園寺(かくおんじ)の鞘阿弥陀(さやあみだ)像)考えられることもある。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

胎内仏の関連キーワード滋賀県長浜市高月町宇根田中 一松願興寺寂光院地蔵寺大円寺印仏

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胎内仏の関連情報