コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡簶・胡籙 ころく

大辞林 第三版の解説

ころく【胡簶・胡籙】

やなぐい【胡簶・胡籙】

矢を入れて携行する道具。右腰につける。靫ゆぎから発達したと思われる筒状の壺胡簶、箙えびらに似て扁平な平胡簶などがある。奈良時代に盛行したが、平安時代に箙が出現すると、公家が儀仗ぎじように用いる以外は衰退した。ころく。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

胡簶・胡籙の関連キーワード平安時代奈良時代公家儀仗

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android