コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡簶・胡籙 ころく

大辞林 第三版の解説

ころく【胡簶・胡籙】

やなぐい【胡簶・胡籙】

矢を入れて携行する道具。右腰につける。靫ゆぎから発達したと思われる筒状の壺胡簶、箙えびらに似て扁平な平胡簶などがある。奈良時代に盛行したが、平安時代に箙が出現すると、公家が儀仗ぎじように用いる以外は衰退した。ころく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

胡簶・胡籙の関連キーワード平安時代奈良時代公家儀仗

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android