コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡鬼の子 コギノコ

大辞林 第三版の解説

こぎのこ【胡鬼の子】

はねつきのはね。羽子はご。つくばね。
ツクバネの異名。また、その実。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胡鬼の子
こぎのこ

羽根突きに使う羽根。羽子(はご)、羽子の子などともいう。「胡」は西域(せいいき)の地をいい、そこに住む鬼の子の意であるが、これは当て字である。今日ではこの羽根をムクロジの実でつくるが、もともとはこの羽根が、コギノコ(ツクバネの実)に穴をあけ、鳥の羽をさしてつくったことによる名であった。一条兼良(かねら)の『世諺(せげん)問答』などに、カに食われぬ呪(まじな)いとして、「こぎのこ」と唱え、カの嫌うトンボ頭にかたどった羽根を突くとあるように、カ除(よ)けの遊びでもあったことが知られる。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

胡鬼の子の関連キーワードはねつきつくばね胡鬼異名

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android