コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝羽根 ツクバネ

デジタル大辞泉の解説

つく‐ばね【衝羽根】

ビャクダン科の半寄生の落葉低木。山地に生え、高さ1~2.5メートル。よく枝分かれし、葉は卵形。雌雄異株で、初夏、枝先に淡緑色の小花がつく。果実には4枚の細長い苞(ほう)があり、羽根突きの羽根に似る。果実を塩漬けにして料理の飾りに用いる。はごのき。こぎのこ。 秋》「―の実の塩漬けや酒ほしし/桂郎」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つくばね【衝羽根】

羽子板遊びのはね。羽子はご[季] 新年。
ビャクダン科の落葉低木。山地に生え、根は他の木に半ば寄生する。高さ約1メートル。披針形の葉を対生。雌雄異株。花は淡緑色で初夏、開花し、雄花は散房状につき、雌花は単生する。果実は卵状楕円形で、頂に四個の萼片が残存し、衝羽根に似ている。ハゴノキ。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android