脱北者(読み)ダッポクシャ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

北朝鮮で1990年代に起きた経済難を契機に脱出する人々が急増した。韓国のほか、独英日米加など世界二十数カ国にも約3千人が住む。中国東南アジアに潜む脱北者も相当数に上る。韓国に住む脱北者の場合、女性が全体の7割、20~30代が6割、無職被扶養者が5割、中朝国境地帯出身者が8割を、それぞれ占める。

(2011-07-04 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)から国外に脱出した者。おもに経済的な理由によるが、一部には政治亡命者も含まれる。韓国政府は一時期、「セトミン」(新たな土地の民)とよんでいたが定着せず、現在は「北朝鮮離脱住民」とよんでいる。

 北朝鮮が食糧難に陥った1990年代初頭から徐々に増加し始め、「苦難の行軍」とよばれた未曽有(みぞう)の経済危機の時期、とりわけ1996~1997年にピークを迎えたとみられる。アメリカ国務省は2000年時点で7万5000~12万5000人が中国に潜伏していると推定した。韓国で「帰順者」とよばれていた北朝鮮からの亡命者が、「脱北者」という呼称で一般化したのはこの時期である。

 日本では、2002年(平成14)5月に5人の脱北者が在瀋陽(しんよう)日本国総領事館に駆け込みを図り、うち3人が領事館敷地内に侵入した中国の武装警察官によって連行されるという「瀋陽事件」の発生(最終的に5人はマニラ経由で韓国へ向かった)によって注目され、「脱北者」という用語が定着した。中国などの第三国を経て韓国に入国した脱北者は、2016年に累計3万人を突破した。韓国に亡命を果たしても失業率が高いなど資本主義社会への適応がむずかしいという課題も浮上している。日本には元在日朝鮮人や日本人妻の脱北者が約200人在住しているといわれる。

 1990年代に脱北者が急増した背景には、北朝鮮の経済的窮状があるが、そもそも地雷が多く埋まっており警備が厳重な軍事境界線を越えて韓国に直接亡命するのは困難をきわめる。1992年の中韓国交樹立により、中国東北部の吉林(きつりん)省延辺(えんぺん)朝鮮族自治州に大量の韓国人、韓国企業が進出し、成長が著しいなかで脱北者が急増した。延辺朝鮮族は、朝鮮語を解するばかりか、北朝鮮に親族をもつ者も多く、脱北者を支援しようと好意的な感情をもっていたからである。多くは中国で数か月から数年かけて不法滞在しながらカネを稼いで北朝鮮に帰っていったが、一部は中国や第三国に所在する韓国の在外公館を通じたり、密航船を利用したりするなどして韓国への亡命を図った。

 2000年代に入ると、北京(ペキン)のスペイン大使館やドイツ大使館などに「駆け込み」を図る脱北者のようすが外国メディアで報じられるようになり、背後に日本や韓国などのNGO(非政府組織)の存在があったため「企画亡命」とよばれた。北朝鮮からの脱出や韓国行き、北朝鮮国内への国外からの通話や送金などを請け負う脱北ブローカーの存在も指摘されている。

 なお、韓国から北朝鮮に亡命する人たちについては、北朝鮮では「義挙入北者」、韓国では「越北者」とよばれる。

[礒﨑敦仁 2020年2月17日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脱北者の関連情報