コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨池 リンチ

世界大百科事典 第2版の解説

りんち【臨池 lín chí】

書法,書道をいう語。また墨池ともいう。後漢の張芝(ちようし)が池に臨んで書を学んでいると,池の水が真っ黒になったという話が,西晋の衛恒の《四体書勢》その他に見え,これから転じたものである。張芝や王羲之の墨池は,後世史跡として保存された。これを書論書学に関する著述の書名に冠したものとして,清の朱和羮(しゆわこう)の《臨池心解》,周星蓮の《臨池管見》,宋の朱長文の《墨池編》,明の楊慎の《墨池瑣録》などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りんち【臨池】

〔王羲之の「与人書」に「張芝臨池学書、池水尽黒」とあり、張芝が池に臨んで習字した故事から〕
てならい。習字。書道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

臨池の関連キーワード尊朝法親王(そんちょうほっしんのう)山口 半峰松本 芳翠真如上人山口半峰伽藍配置青柳石城小西有実前波弼成鈴木正真毛越寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨池の関連情報