臨池(読み)りんち

精選版 日本国語大辞典「臨池」の解説

りん‐ち【臨池】

〘名〙
にのぞむこと。〔王融‐三月三日曲水詩序〕
② (中国、の王羲之の「与人書」の「張芝池学書、池水尽黒」などに見える、後の草聖、張芝(ちょうし)が池に臨んで書を学んだという故事から) 習字書道
※性霊集‐四(835頃)劉希夷集書上表「比属、臨池之次、写得奉上

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「臨池」の解説

りんち【臨池 lín chí】

書法,書道をいう語。また墨池ともいう。後漢の張芝(ちようし)が池に臨んで書を学んでいると,池の水が真っ黒になったという話が,西晋衛恒の《四体書勢》その他に見え,これから転じたものである。張芝や王羲之の墨池は,後世史跡として保存された。これを書論書学に関する著述書名に冠したものとして,清の朱和羮(しゆわこう)の《臨池心解》,周星蓮の《臨池管見》,朱長文の《墨池編》,楊慎の《墨池瑣録》などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android