コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然価格 しぜんかかくnatural price

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然価格
しぜんかかく
natural price

A.スミス,D.リカードに代表される古典学派の価格理論の重要な概念。スミスは,市場価格はそのときどきの需要供給によって変動する現実に成立する価格であるが,市場価格の変動の中心となる価格を自然価格とした。彼のいう自然価格は,需給が均衡している場合に成立する均衡価格でもある。リカードは,市場価格は同様に需給関係で定まる現実の価格であるが,自然価格は彼の投下労働価値論に立脚したものであり,地代を価値の原因から排除したので,彼のいう自然価格は賃金と利潤とに等しくなる。 K.マルクスは彼らの伝統を批判的に継承して生産価格概念を成立させ,A.マーシャルは長期正常価格という概念に結実させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

自然価格【しぜんかかく】

生産価格

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然価格
しぜんかかく
natural price

市場において、毎日変化する需要・供給によって成立する市場価格の奥にあって、市場価格を規制し、長い目でみるとそこに価格が落ち着くとされる価格。したがって、自然価格をめぐって市場価格は変動する。スミスに始まる古典学派の概念であるが、これを投下労働価値説により、より明確にしたのがマルクスの生産価格であった。こうした考え方は、自然賃金、自然利子率など経済理論にしばしば現れるが、最近の好例は、マネタリズムの自然失業率である。[一杉哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の自然価格の言及

【価値】より

…この場合,たとえば市場均衡におけるように理想的に決定された価格がとりもなおさず価値だとみなされているわけである。 このことを端的に示すのがA.スミスの自然価格natural priceの概念である。これは自然状態にある価格をもって価値とみなす仕方であり,価値と価格とは概念的に同次元にある。…

※「自然価格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自然価格の関連キーワードカンティロン賃金生存費説経済学説史生存費説生産費説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然価格の関連情報