コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然村 しぜんそん

3件 の用語解説(自然村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然村
しぜんそん

村落共同体の基礎となる地域社会。通常,地域社会では自然村が「ムラ」であり,行政村は「ソン」である。自然村は,農業生産を基礎とする共同体であり,地縁と血縁をその構成原理としている。自然村と行政村は,必ずしも一致するわけではなく,政治的諸関係はむしろ自然村に依拠している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しぜんそん【自然村】

農耕・漁労を通じて、自然に形成された村落共同体。行政の単位としての行政村に対する語。村むら。 → 行政村

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然村
しぜんそん

自然発生的に成立した村で、行政村に対していう。村は、日本はもとより世界的にも自然発生的に成立したものが多い。そして同一の氏神をもち、血縁的にも地縁的にも深い結び付きをもつ社会集団を形成している。冠婚葬祭をはじめとする日常生活の講、組(相互協力)、生産生活の結(ゆい)(相互労力提供)をはじめとして基本的な村落生活は、伝統的な相互扶助的結合によって運営されている。農業(とくに水田耕作)に不可欠な水利や肥料用下草(したくさ)や自給用小器具材の用立てに発した入会(いりあい)地の利用についても伝統的慣行がよく守られている。江戸時代には自然村をもとに行政が行われていたが、1889年(明治22)施行の市町村制は数個の自然村が合併して成立した。その結果、自然村は現在の大字(おおあざ)にほぼ相当する。近年圃場(ほじょう)や水利施設の整備、農業の機械化・化学化、農業者の兼業化、村内の住宅地開発などに伴って農村は近代化され、自然村の伝統的慣行もいくらか変貌(へんぼう)をみつつある。[浅香幸雄]
『田辺寿利編『都市と村落』(1948・国立書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の自然村の言及

【行政村】より

…村落共同体秩序をもとに形成されている村落を〈自然村〉というのに対し,公権力により創出された行政単位としての町村を〈行政村〉という。江戸幕藩体制下において自然村は,年貢の収奪単位として村役人(名主または庄屋・組頭)の配された行政単位であり,かつ村民の生活共同体であった。…

※「自然村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自然村の関連キーワード農耕起源神話根栽農耕農耕農耕牧畜文化農耕と園芸縄文農耕説農耕祭祀《農耕詩》農耕社会麦農耕

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然村の関連情報