コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政村 ぎょうせいそんadministrative village

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行政村
ぎょうせいそん
administrative village

行政上の目的によって区画された地方公共団体の一つ。 1888年の町村制施行により,「むら」と呼ばれた藩政期の数個含んで合併成立した。共同体的な集落単位であった部落 (むら) に対して特に行政村 (そん) と呼ばれた人為的な区画ではあるが,学校教育や郵便,戸籍など共通の問題処理の必要もあり,共通の税制,条例などをもつ政治行政単位として重要性をもってきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうせいそん【行政村】

村落共同体秩序をもとに形成されている村落を〈自然村〉というのに対し,公権力により創出された行政単位としての町村を〈行政村〉という。江戸幕藩体制下において自然村は,年貢の収奪単位として村役人(名主または庄屋組頭)の配された行政単位であり,かつ村民の生活共同体であった。明治維新から1889年の町村制施行までの間に,これら旧村は強力な合併政策を通じて新たな行政単位に作り変えられた。明治政府は,1872年(明治5),末端行政区画として大区・小区制を採用し,戸長を配して戸籍制度による人民の掌握にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうせいそん【行政村】

自然発生的に形成された村落に対し、行政単位として区画された村。 → 自然村

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行政村
ぎょうせいそん

人為的に制定された地域に成立している村をいい、行政上の効率を増進するため、旧村よりもより広い地域を設定して、それを行政上の単位として成立している。自然村に対する用語。日本では1888年(明治21)に町村制が市制とともに制定され、89年から施行された。旧来の村(現在の大字(おおあざ))はそれぞれ古い歴史をもった村落共同体で、耕地を基盤とし、同一の神社を中心として、地縁者、血縁者で結合された自然村であった。それが明治維新後、大区・小区制(1872)や郡区町村編制法(1878)などによって行政区域が幾変遷したが、町村制施行(1889)にあたって自然村が数個合併し、住民の自治によって行政を進める新しい村が生まれた。その後、個別的に町村間に合併が行われることがあったが、第二次世界大戦後、政府の方針で1954年(昭和29)を中心として全国的に町村合併が促進され、行政地域の広域化が図られ、いま行政村数は著しく減少している。こうして行政村成立後は、村行政は町村制によって行われることとなり、ことに明治の町村制後は、以前から続いてきた自然村に比べて、行政面をはじめとして変容した部分が少なくない。しかし、神社の祭礼の日取りや村内の諸費用醵出(きょしゅつ)などについては、自然村ごとの伝統方式で決められ、近年普及している地区公民館も旧村ごとに設けられる場合が少なくない。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

行政村の関連キーワードアテネ(ポリス)中国少年先鋒隊バリ[島]村(村落)農村社会学村落共同体魏晋南北朝芦ノ湯温泉市町村合併大行政区寺百姓村伊奈忠次三長制共有山バリ島バラドバリオ大区漁村村落

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行政村の関連情報