コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼杵城 うすきじょう

日本の城がわかる事典の解説

うすきじょう【臼杵城】

大分県臼杵(うすき)市にあった中世から近世にかけての平山城(ひらやまじろ)(海城)。戦国時代、府内大友氏館(大分市)より拠点を移した大友宗麟(そうりん)により、臼杵湾に浮かぶ丹生島に築かれた。江戸時代には臼杵藩の藩庁が置かれた。大友氏改易後、石田三成の妹婿である福原氏、太田氏を経て、関ヶ原の戦い後は、1600年(慶長5)に郡上八幡城(岐阜県郡上市)より5万石で稲葉貞通が入封。以降、明治維新まで、稲葉氏15代の居城となった。城には3層4階の天守と31基の櫓(やぐら)が上げられ、総2階造り(上下階の平面が同規模)の重箱と呼ばれる形状をした二重櫓が特徴的であった。廃藩後は天守以下一部の建物を残し取り壊され、周囲の海も埋め立てられた。JR日豊線臼杵駅から徒歩10分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

臼杵城の関連キーワード大分県臼杵市臼杵岐阜県郡上市臼杵[市]臼杵(市)郡上八幡城稲葉貞通臼杵公園石田三成明治維新臼杵市稲葉氏妹婿太田藩庁福原

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android