コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興夫伝 こうふでん Hǔngbu-jǒn

3件 の用語解説(興夫伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

興夫伝
こうふでん
Hǔngbu-jǒn

朝鮮,李朝後期の代表的ハングル小説。作者,成立年未詳。説話,パンソリを経て小説化された。なまけ者の兄ノルブと善良な弟ブンブ (興夫) という2人の主人公を通して,勧善懲悪を強調した小説。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうふでん【興夫伝】

朝鮮,李朝のハングル小説。作者未詳。《春香伝》《沈清伝》などと同様に,18世紀以降パンソリ《朴打令》《朴興甫歌》として演唱されたが,小説異本中には客寄せ前口上がそのまま写し残されたものもあり,街頭講釈師によっても語られていたことがわかる。《興夫伝》の興夫は主人公Hǔng buの名。兄ノルブと弟フンブの主人公を通して勧善懲悪を強調した小説である。兄が欲深く意地悪で,徹底した利己主義者の金持ちであるのに対して,弟は善良で情深く,貧乏であるのにお人よしの道徳君子的性格。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

興夫伝
こうふでん / フンプジョン

朝鮮の古典小説。パンソリ(『朴打令』)になって愛唱されていた民間説話が、18世紀に至って小説化されたもの。作者不詳。強欲無情な兄ノルブと、正直だが無能力な弟フンブの物語。兄に家から追い出され、極貧生活を送っていたフンブが、足を折った燕(つばめ)を助ける。そのお礼にと燕のくれた瓢(ひさご)の種子は、実ると宝物をいくらでも生み出し、フンブはにわかに富者になる。うらやましがった兄は、燕の足を折ったうえ治してやるが、こんどの瓢からは奇怪な人物がぞろぞろ出てきて、家産を食いつぶしてしまう。日本の『舌切り雀』に似た物語だが、この小説が描く富への欲望、形骸(けいがい)化した儒教道徳、さまざまな賤民(せんみん)の姿態などは、李朝(りちょう)後期の社会相を浮き彫りにしてくれる。[田中 明]
『申在孝著、姜漢永・田中明訳注「朴打令」(『パンソリ』所収・平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

興夫伝の関連キーワード春香伝沈清伝シングルハンドシングル&シングル謝氏南征記薔花紅蓮伝東国正韻林慶業作者未詳歌ハングル小説

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone