コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈清伝 しんせいでんSimchǒng-jǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈清伝
しんせいでん
Simchǒng-jǒn

朝鮮,李朝後期の代表的ハングル小説。作者,成立年未詳。語り物パンソリとして伝承されながら 18世紀頃小説に定着したと思われる。地上と竜宮を舞台にした儒仏思想混交の孝行娘物語。生後7日で母を失った主人公の沈清は,目の不自由な父のもとで貧しいながら可憐な少女に育つ。 15歳のとき父の目が見えるよう仏に願をかけ,供養米 300石のために中国の船員に身を売り,印塘水の航路いけにえとなり入水する。蓮の花と化した沈清は皇帝の前に出され還生して皇后となり,目の不自由な人のための饗宴を開いて父に会い,父は喜びのあまり目が見えるようになる。 1972年に尹伊桑によってオペラに作曲されミュンヘンで初演,空前の反響を得,世界的に有名になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

沈清伝【しんせいでん】

朝鮮のパンソリをもとにした古典小説。作者不詳。18世紀ころ成立。物語は盲目の父親を助けるため,人身御供となって海に身を投げた娘の沈清は,天帝のはからいで竜王のところに至るが,やがて地上にもどされ天子の妃となった後,父親にめぐりあいその目が開くという話。
→関連項目春香伝

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんせいでん【沈清伝】

朝鮮,李朝のハングル小説。作者不詳。《春香伝》同様にパンソリ系統の小説であるが,一方では〈伝奇叟〉と呼ばれた街頭講釈師の出し物にも名前が挙がっており,18世紀ころには小説に定着したと思われる。地上と竜宮を舞台にした儒仏思想混淆の親孝行物語。生後7日で母を失った主人公の沈清は,盲目の父のもとで貧しいながら可憐な少女に育つ。15歳のとき,父の目があくよう仏に願をかけ,供養米300石のために中国の船員に身を売り,印塘水の航路のいけにえとなり入水する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

沈清伝の関連キーワード沈清伝(ちんせいでん)シムチョンの帰還シムチョンジョン朝鮮文学李氏朝鮮朝鮮説話朝鮮音楽興夫伝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android