コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船王(読み)ふねのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船王 ふねのおう

?-? 奈良時代,天武天皇の孫。
舎人(とねり)親王の王子。淳仁(じゅんにん)天皇の兄。東大寺の大仏開眼会で伎楽頭(ぎがくのかみ)をつとめた。橘奈良麻呂(たちばなの-ならまろ)の変では,関係者を拷問し,黄文(きぶみの)王,道祖(ふなどの)王らを殺害した。天平宝字(てんぴょうほうじ)3年(759)親王となるが,8年藤原仲麻呂(なかまろ)の乱に関係したとして隠岐(おき)に流された。

船王 ふねおう

ふねのおう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふねのおう【船王】

天武天皇の孫,舎人親王の子。生没年不詳。《万葉集》に作歌があり,《日本霊異記》に説話がある。727年(神亀4)従四位下,743年(天平15)従四位上,のち弾正尹から治部卿となる。757年(天平宝字1)皇嗣選定のとき,孝謙天皇に〈閨房修らず〉と退けられたが直後に正四位下となった。さらに大宰帥となるが在京し,百済敬福らと橘奈良麻呂の変関係者の拷問にあたり,黄文王,道祖(ふなど)王らを殺し,正四位上。翌年,唐で数年前におきた安禄山の乱への警戒を大宰府に命じたときの勅に,帥の船王と大弐吉備真備はともに碩学で,その名は当代に顕るとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船王の関連情報