コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良海(1) りょうかい

1件 の用語解説(良海(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良海(1) りょうかい

1197-1218 鎌倉時代の僧。
建久8年生まれ。九条兼実(かねざね)の子。真言宗。元海の法灯をつぎ,元久(げんきゅう)2年(1205)京都醍醐寺(だいごじ)座主(ざす)となった。建保(けんぽ)6年8月29日死去。22歳。通称は太政阿闍梨(あじゃり)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良海(1)の関連キーワードハインリヒ[6世]長谷部信連壱番屋定時制・通信制高校島精機製作所覚園寺泉涌寺ナイマン旭烈兀アンコール・トム

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone