コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艶消し ツヤケシ

デジタル大辞泉の解説

つや‐けし【艶消し】

[名・形動]
光沢をなくすこと。また、そのもの。「艶消しの印画紙」
おもしろみや色気をなくすこと。また、そのような言動や、そのさま。いろけし。「艶消しなことを言う」「艶消しな話」
艶消しガラス」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つやけし【艶消し】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
物の光沢をなくす・こと(さま)。 「 -の塗料」
面白みや色気のないこと。また、興趣をそぐような言動。また、そのさま。いろけし。 「 -な話」
写真の焼き付けで、印画紙の光沢を消したもの。
「艶消しガラス」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

艶消しの関連キーワード宇野 宗甕(1代目)溜め塗り・溜め塗アクリル絵具板谷波山焼き付け透明度板印画紙興趣光沢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android