コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味気無い アジキナイ

デジタル大辞泉の解説

あじき‐な・い〔あぢき‐〕【味気無い】

[形][文]あぢきな・し[ク]《「あずきなし」の音変化。「味気」は当て字》
あじけない」に同じ。「―・い世の中」
乱暴である。不当である。
「汝(いまし)甚だ―・し」〈神代紀・上〉
努力するかいがない。無益である。
「愚かなる人の目を喜ばしむる楽しみ、また―・し」〈徒然・三八〉
耐え難い。やるせない。
「―・く、一つ心なる人に向ひたる心地して」〈狭衣・一〉
[派生]あじきなげ[形動]あじきなさ[名]

あじけ‐な・い〔あぢけ‐〕【味気無い】

[形][文]あぢけな・し[ク]おもしろみや魅力がなくつまらない。あじきない。「―・い話」「―・い人生」
[補説]「味気」は当て字。
[派生]あじけなさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

味気無いの関連キーワード派生