コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

索然 サクゼン

デジタル大辞泉の解説

さく‐ぜん【索然】

[ト・タル][文][形動タリ]心ひかれるものがなくて興ざめするさま。空虚なさま。
「迂闊(うかつ)な彼は不思議そうな眼を開いて、―たる彼の新居を見廻した」〈漱石道草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくぜん【索然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
おもしろみのなくなるさま。興味のうせるさま。 「興味亦-たるを免れず/佳人之奇遇 散士」 「此刺激を取り去ると-として没趣味なものになつて仕舞ふ/吾輩は猫である 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

索然の関連キーワード作・冊・削・搾・昨・朔・柵・炸・窄・策・索・酢・錯・鑿吾輩は猫である没趣味

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

索然の関連情報