コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散文的 サンブンテキ

デジタル大辞泉の解説

さんぶん‐てき【散文的】

[形動]
散文のような形式・趣であるさま。
詩情に乏しいさま。無趣味でおもしろみのないさま。「散文的解釈

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぶんてき【散文的】

( 形動 )
散文のようであるさま。
しみじみとした味わいや奥行が感じられないさま。また、まとまりのないさま。 「 -な風景」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

散文的の関連キーワードサバール(Félixムーア(Marianne Craig Moore)フェリックス・アントニー サバールギンズバーグギユビック橋本国彦石田波郷朝鮮文学山上憶良自由詩ヨブ記純粋詩伝説韓愈公衆歌辞詩的散文詩劇風景

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

散文的の関連情報