コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散文的 サンブンテキ

デジタル大辞泉の解説

さんぶん‐てき【散文的】

[形動]
散文のような形式・趣であるさま。
詩情に乏しいさま。無趣味でおもしろみのないさま。「散文的解釈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぶんてき【散文的】

( 形動 )
散文のようであるさま。
しみじみとした味わいや奥行が感じられないさま。また、まとまりのないさま。 「 -な風景」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

散文的の関連キーワードサバール(Félixムーア(Marianne Craig Moore)フェリックス・アントニー サバールギンズバーグギユビック山上憶良橋本国彦石田波郷朝鮮文学自由詩純粋詩ヨブ記公衆韓愈伝説歌辞散文詩的詩劇風景

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

散文的の関連情報