コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花房義質 はなぶさ よしもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花房義質 はなぶさ-よしもと

1842-1917 明治時代の外交官。
天保(てんぽう)13年1月1日生まれ。花房端連(まさつら)の長男。もと備前岡山藩士。緒方洪庵(こうあん)にまなぶ。欧米に外遊し,明治2年外国官御用掛となる。公使として朝鮮,ロシアとの外交につくす。のち農商務次官,宮内次官,枢密顧問官をへて大正元年日本赤十字社社長。大正6年7月9日死去。76歳。幼名は虎太郎。号は眠雲,長嶺。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

花房義質

没年:大正6.7.9(1917)
生年:天保13.1.1(1842.2.10)
明治時代外交官。岡山県出身。佐久間象山に私淑し儒学を修め,緒方洪庵の塾で蘭学を学ぶ。欧米に留学後外国官雇となり,外務大丞を歴任し清国や朝鮮に遣わされる。明治6(1873)年ロシア公使館書記官として榎本武揚公使を助け,樺太千島交換条約(1875)を締結する。同9年に朝鮮に赴き釜山の倭館敷地を特別居留地とし,次いで公使として朝鮮に駐在し,外国使臣として初めて国王高宗に謁見した。壬午事変(1882)により公使館が襲撃を受け脱出帰国したが,再び赴任して済物浦条約(1882)を締結し,公使館護衛の名目で駐兵権を得た。のちに駐露公使を務め,農商務次官,宮中顧問官,帝室会計審査局長を歴任する。次いで2度にわたり宮内次官を務め,さらに枢密顧問官,日本赤十字社副社長,社長を歴任した。日本の対朝外交の干渉的路線を敷き,積極外交の先鞭をつけた。<参考文献>田保橋潔『近代日鮮関係の研究』(復刻,1966)

(森山茂徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなぶさよしもと【花房義質】

1842‐1917(天保13‐大正6)
外交官。子爵。岡山の出身。岡山学校,適塾に学び,1867年(慶応3)から1年間欧米を外遊。明治維新後,対朝鮮外交が対馬藩から明治政府に移管された際,72年に外務大丞として釜山の草梁倭館を接収した。77‐79年に元山開港問題,80‐82年に仁川開港問題にあたった。82年7月ソウルで壬午軍乱に遭遇,同年8月に,軍乱の事後処理としての済物浦条約および日朝修好条規続約を,金弘集らとの間で調印した。江戸時代の交隣関係から明治以降の近代国際法的関係へという,日本の対朝鮮外交の転換期にあって,その実務を外交の現場で担った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花房義質の関連キーワード日清修好条規小松原英太郎竹添進一郎花房直三郎磯林真三田保橋潔平松旦海花房太郎岡兵一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花房義質の関連情報