コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花林糖 カリントウ

デジタル大辞泉の解説

かりん‐とう〔クワリンタウ〕【花林糖】

小麦粉に卵などを加えて練ったものを細長く切り、油で揚げて黒砂糖白砂糖をまぶした菓子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

花林糖【かりんとう】

庶民的な揚げ菓子の一種。小麦粉を主体に砂糖,玉子,ふくらし粉などを加えてこねてのばし,細く切って植物油で揚げ,糖蜜でからめたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

かりんとう【花林糖】

小麦粉に砂糖・ふくらし粉などを加えて練り、棒状にして揚げ、煮溶かした砂糖をまぶした菓子。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かりんとう【花林糖】

駄菓子の一種。江戸後期から〈花輪糖〉などの名が見えるが,その名の由来は明らかでない。唐菓子の一種の〈まがり(糫餅,環餅)〉によく似ており,その後身とも思われるが,これも定かではない。小麦粉に砂糖,塩,ふくらし粉などを合わせ,水を加えてこね,しばらくねかせたのち小さく切って油で揚げ,黒砂糖を煮溶したものをかける。白砂糖を使ったり,サツマイモを材料とするものもある。【鈴木 晋一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かりんとう【花林糖】

小麦粉に卵・砂糖を加えて練り、細長く切って油で揚げ、黒糖蜜をまぶした菓子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の花林糖の言及

【和菓子】より

…和風の菓子,日本の伝統的な菓子といった意味であるが,おおむね江戸時代までに中国やヨーロッパから製法を伝えられ,それを日本化したものが多い。米・麦その他の穀粉,葛(くず)粉・ワラビ粉などのデンプン,アズキ・大豆などの豆類,および砂糖を主材料とする甘味のものが多く,鳥獣肉,乳製品はまったく使わず,油脂も水溶きした穀粉を焼くときに少量の植物油をひく程度にしか用いず,香辛料の使用も少ない。食味の面からすると,茶の湯を中心として普及してきた緑茶の飲用にふさわしいものとして形成されており,色彩・形態の美しさとともに,草木の葉などを利用して豊かな季節感をもっているのが特徴である。…

※「花林糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花林糖の関連情報