芽が出る(読み)メガデル

  • が 出(で)る
  • 芽(め)が◦出る

大辞林 第三版の解説

草木の芽が萌え出る。芽が吹く。
成功のきざしが見える。幸運がめぐってくる。目が出る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

草木え出る。芽ぶく。
※俳諧・八番日記‐文政二年(1819)正月「門の草芽出たやいなやむしらるる」
② 幸運が回ってくる。目が出る。
※入れ札(1921)〈菊池寛〉「国を売って、知らぬ他国へ走る以上、此先、あまりいい芽も出さうでない忠次のために」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芽が出るの関連情報