芽が出る(読み)メガデル

  • が 出(で)る
  • 芽(め)が◦出(で)る

精選版 日本国語大辞典の解説

① 草木の芽が萌え出る。芽ぶく。
※俳諧・八番日記‐文政二年(1819)正月「門の草芽出たやいなやむしらるる」
② 幸運が回ってくる。目が出る。
※入れ札(1921)〈菊池寛〉「国を売って、知らぬ他国へ走る以上、此先、あまりいい芽も出さうでない忠次のために」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芽が出るの関連情報