コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芽が出る メガデル

デジタル大辞泉の解説

芽(め)が◦出る

草木の芽が萌え出る。
幸運が巡ってきて、成功の糸口が開ける。目が出る。「長い下積みを経てやっと―◦出る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めがでる【芽が出る】

草木の芽が萌え出る。芽が吹く。
成功のきざしが見える。幸運がめぐってくる。目が出る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

芽が出るの関連キーワードオシロイバナ(白粉花)付く・附く・憑く・点くアスパラガス越谷のくわい木の芽立ちラン(蘭)ジュンサイフユシャク零れ落ちる榕・雀榕スイセン覆下栽培木の芽時縮葉病燃えるクワイ胴吹きダリア芽止め刈り生

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芽が出るの関連情報