角ぐむ(読み)ツノグム

  • つのぐ・む

デジタル大辞泉の解説

[動マ四]草木の芽が角のように出はじめる。葦(あし)・荻(おぎ)・薄(すすき)・真菰(まこも)などに多くいう。
「―・む蘆(あし)のはかなくて枯れ渡りたる水際に」〈栄花・岩蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自マ四〙 (「ぐむ」は接尾語)
① 草木の芽が出始める。葦(あし)・荻(おぎ)・薄(すすき)・真菰(まこも)などについていうことが多い。めばえる。めぐむ。《季・春》
※曾丹集(11C初か)「三島江につのぐみわたる蘆の根の一よばかりに春めきにけり」
※俳諧・雑話抄(1754)「一芦角組 草のつのぐむ、皆春也」
② その気になり始める。感情がたかぶってくる。
※浄瑠璃・苅萱桑門筑紫𨏍(1735)一「早く此心を察せよと、いふに角(ツノ)ぐむ鬼蔵人」
※談義本・銭湯新話(1754)序「悋気の角(ツノ)ぐむ、あしき女の身の上物語(ばなし)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android