コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兆す/萌す キザス

デジタル大辞泉の解説

き‐ざ・す【兆す/×萌す】

[動サ五(四)]
草木が芽を出す。芽生える。「新芽が―・す」
物事が起ころうとしている気配がある。心の中にある感情や考えなどが生まれる。「日射しに秋の色が―・す」「淡い恋心が―・す」
[補説]とがって芽生えるものが現れ出るの「牙(き)差す」からとも、また「気差す」の意からともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

兆す/萌すの関連キーワードゆっくりすべり(東海地方の)ティーズデールプレスリップ前兆すべりイスラーム学生運動嫁入り婚ひずみ計知行合一孟子四端草木新芽物事

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android